うつ病を克服するためには│発症時に気をつけること

女の人

薬物療法と精神療法

ウーマン

うつ病を発症してしまった場合は、落ち着いて対処しないと余計に悪化してしまうので注意してください。個人の力だけで克服することはできませんから、精神科にいって効率良く治療を行なえば徐々にですが克服することができるでしょう。精神科ではうつ病の克服をするために、薬物を使用しての治療を行なっています。薬物による治療のことを薬物療法といい薬物療法で使用する薬は患者さんによって異なりますが、そこまで大きな違いがあるという訳ではなく抗うつ薬と抗不安薬、睡眠導入剤などの薬を使用するのです。抗うつ薬と抗不安薬を使用することによって、抑うつ状態を抑えることができるので精神的負担を和らげることができます。また、うつ病を発症してしまうと睡眠障害が起きてしまい、十分な睡眠を取ることが難しくなるでしょう。睡眠をサポートするために睡眠導入剤を服用して、十分な睡眠を取るようにするのです。うつ病を克服するためには十分な休息を取ることが大切です。精神的に不安な状態が続いてしまうと、それが負担になってしまい休むことができなくなってしまい、更に症状が悪化する危険性が高くなってしまいます。ですから、このような薬を服用して、少しずつ負担を減らすことによって症状を和らげることができるでしょう。

精神科では薬物療法以外には、精神療法という治療法を行なって患者さんの心に働きかける治療をします。この治療法では、人との会話を行なうことによって少しずつですが人との接し方を練習することができます。精神療法には決まった方法はなくて、全ての患者さんが同じ方法で克服できるという訳ではないので注意してください。臨床心理士や患者さんの2人で行なう精神療法ならば、患者さんも周りを気にすることなく会話を行なうことができます。臨床心理士は患者さんから様々な話を聞いて、患者さんがどのようなことが原因でうつ病を発症してしまったのかを分析します。他には、臨床心理士とうつ病を発症した数人の患者達で行なう方法もあるのです。集団の中で会話することによって、自分の気持ちを周りに伝えることができるようになりますし、自分と同じようなことが原因で発症した人がいることを知ってどのような受け止め方をしているのか学ぶことができます。臨床心理士は、基本的に会話に参加することはありませんが、会話をスムーズに行なうためのサポートや患者さん同士がトラブルが起きないようにしています。トラブルが起きてしまうと余計に症状が悪化してしまい、集団の精神療法を行なった意味がありません。集団で行なう精神療法では、会話を行なって患者さん自身の考えを確認してそれを人に伝えることができるかどうかが目的ですので、結論をだす必要はないのです。このような治療法を行なうことによって、うつ病を克服することができるので効率良く克服するためには精神科で治療を行なうことが大切です。